スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴー・アヘッド!

Full ahead!

マリン部1-①画像紛失w←出てきた!ww


某月某日、日本で一番おっきな湖で煩悩京絵巻マリン部が正式発動しました!

第1回部活の参加者は、すみれさん・ジャッキーさん・DJ鷹さんと不肖京子の4名にて実施です。
0930現地集合でしたが、皆さん早目に集まり手続きも済んだので、準備出来次第出航。
桟橋への移動途中、目ざとく麦ジュースの自販機を見つけた一行w
早速、重要搭載物品として調達にかかる一行(写真無し)

ヤードで最終チェックのち乗船。Welcome on board!!
天気まあまあ、風まずまず。ガソリン満タン。よっしゃ、ほな行こか~!
出港用意!
バウライン・スターンライン、レッコ。デッドスローアヘッド。0930過ぎ、某マリーナを発進。

ハーバースピードで航路を抜け、エリ(お魚用の罠w)とバスボートをかわし、徐々にエンジン回転数を上げスピードアップ。
充分沖に出てエンジンも暖まったところで全速前進・北北東へ針路をとれ!
一路北湖を目指して快速快適プレーニング~。
大橋手前で一旦スピードを落とし、平行する2本の橋をくぐり抜け、いざ北湖へ。

広い水域へ出て操船の練習(←部活だからw)
しかし時間も惜しいので切りのいいところで切り上げて、今度は沖島へクルージング。
結構波がある。
結構寒い。
結構トイレ近い。
船内に走る緊張!時間との戦い。
止むを得ない、緊急事態である。
某所へ強行上陸して緊張を開放する。
笑顔の戻った船内w

南の方は晴れているのにこっちは曇りがち。風も出てきた。
再び操船の練習しつつ来たコースを戻り、今度は着岸の練習。
風があるのでなかなか難しい。
ペラ底擦ったったw・・・orz
微速では舵効き悪いのが船の特性、外力を考慮してアプローチを決定、機械と舵で微調整しつつ惰力で接近。
ここはセンスと経験の差がはっきり出る、腕の問われるところ。
桟橋にぶっつけたったwaraenai・・・orz

内心あせりながらも舫をとって再びオカへ。
トイレは行ける時に行っておきましょう。
一服したのち後進離岸。
そろそろシンデレラタイムなのでホームスピードでマリーナへ。
途中マリーナからコール。
「はい、今向かってます!(汗」
南湖は狭く船も多いので注意して進む。
逸る心、頭に渦巻く超過料金、時間との戦い。
ホームが見えてきた。
終わりが見えてきた頃に事故は起こりがち。
慎重に船を進め、赤ブイを右に見て帰港。
やや行き脚足りなく無様に槍付けになりながらも給油桟橋に無事着桟。

スタッフに舫を預け、荷物下ろしてホッと一息。忘れ物なーし。
待ってましたとばかり給油するマリーナスタッフ。この場面が一番怖いwww
ガソリンいくら使ったか気になる気になるw
結果的には30ℓちょっとで、まあまあかな。
カウンターで支払して、みんなで清算。

駅まで歩くことにして、業界的なお話をしつつ約15分。
船ってお腹すくんですよね。
おそらくみんなが一斉に気付いたあろう定食屋さんへGo!
ちょっとウチらも燃料補給せんと。
黄金色で白い泡の載っている飲み物wで乾杯!

お疲れ様でした!!

マリン部1-②
スポンサーサイト

煩悩京絵巻マリン部

シレッと準備中。

ガチムチではなく、ぬるく軽やかにマリンスポーツを愉しむ部活っす!
ヨッティングとかウェイクとかフィッシングとかの名目で、船出してお酒飲む活動っす。
あ、操船に当たる船長は飲んじゃダメっすよ?
ライジャケ着用で安全航海っす。
押っ忍ぅ~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。